Auto GalaxyGood quality of used Japanese buses,
LPG vehicles and driving school vehicles

熱海にて 愛犬プリと

熱海にて
我が家の愛犬「プリ」を連れて熱海へ行ってきました!初めてのロングドライブ。さてさてどうなる事やら。
熱海20 熱海21
       我が家のお姫様?プリちゃん(男の子じゃありませんよ)
小田原厚木道路をぬけて海沿いの道路へ・・渋滞もなく順調にやってきました。
時刻は12:30すぎ。お腹が空いたのでドライブインへ・・2件並んでいるが1件はほぼ満車。
これは期待できるのではとかろうじて空いていた1台のスペースに駐車。
わんこは車の中でお留守番ここまで来て海の幸を食べないわけにはいかない。
熱海 熱海2
           海の幸がいかにも美味しそうなお店?
よーしメニューOPEN!げげっ高い・・・思っていたより高い。今さら出られない。えいっ「天丼刺身定食」行ってしまえ!待つこと30分。いただきま~す!まあこんなもんでしょう、もう少し安くても良い感じがするな、何だか車の多さに惑わされたかな。
熱海3 熱海4
     ゲゲッ!高~い             天丼&刺身です
さて、お腹も膨らんだのでいざお宿へ。こちらがお世話になったお宿「渚館」さんです。予定より早く到着したがこころよくチェックインさせていただきました。
熱海5 熱海6
                   渚館さんです
宿に入り仲居さんにお茶を入れていただいていた時、突然愛犬プリが”ワンワン!”
普段ほとんど吠えないのに、”こらっ!”と言っても”ワンワン!”また吠えた。何が気に入らないのか仲居さんにごめんなさいと言ってさがってもらう事に。
まあ初めての旅館で知らない人が入ってきたのでびっくりしたんだろうしどうせすぐ慣れるだろう。
まだ時間は14:30今日の晩飯のためにお腹を減らさなければ・・
よし先ずはワンコを連れて目の前の海岸へ。
我が家の「プリ」は神奈川県生まれのせいか海岸が大好き、ほおっておくといつまでも走っています。
熱海9プリ1 熱海10プリ2
いつも狭い部屋の中にいるので嬉しそう。連れてきて良かったと思う瞬間です。
さてワンコの海岸遊びも終わったがまだ時間はたっぷりある。熱海駅に向かってぶらっと商店街を歩いてみることに。
おっといきなりプリが歩かなくなった・・はいはいわかりましたカバンに入ってください(最近食べさせすぎで太ったので重い)。
熱海16ピク3
十何年前に来た時とあまり雰囲気は変わっていない感じがした。今熱海が人気と聞いたがあまり活気は感じられなかった。
熱海13 熱海15
            活気が感じられない商店街・・
さて1時間ほど歩いて地ビールも買ったので宿へ、こちらの宿ではワンコと入れる貸切りのお風呂があるので早速いっしょにお風呂へ、犬用の湯船と人用の湯船があって我が愛犬もご満悦・・ゆっくり入らせていただきました。(プリの入浴シーンは女の子なのでカットさせて頂きました
風呂から上がると”個室に夕食の準備がされている”との事で、個室とは?と思っていたら「わんちゃんもいっしょにどーぞ」と何と有難いお言葉。
よくよく聞いてみるとオーナーが大の犬好きで飼い主さんの気持ちがよくわかるのでいろいろ工夫されているとの事。 サービス業の原点、お客様がいかに気持ちよく過ごしていただけるかを実施しているなと感じました。 我々も見習わないと!
さて楽しみにしていた夕食。すいませんやってしまいました、あまりに美味しそうだったので写真を撮り忘れてかぶりついてしまいました。次々とおかずが運ばれてきます。運んでくるのはあの仲居さん!!
ワンコをぎゅうっと抱きしめていたがまた突然”ワンワンワンワン”尋常ではない吠え方。
仲居さんばつが悪そうに下がっていく、まいったな・・本当に普段は1か月に1回も吠えないに・・・・。仲居さんごめんなさい、でも料理は最高!大変美味しかったです。皆さんにおすすめです!・・・せめて写真が見たかった(読者の声)
翌朝の朝食がこちら。
熱海12 熱海14
        夕食メニューでもおかしくない豪華な朝食でした!
こちらも大変美味しかったです味も量も大満足。当然仲居さんはまた吠えられていました。
帰りの精算時、仲居さんと従業員の男性がお見送り、突然プリが男性の従業員にすりすり・・好意的に甘え始めた、”この子は女の子なので男性が好きなんです”と言ったら仲居さんが”なんだそういう事なら納得私はずーっと吠えられっぱなしだったのよ”とちょっと怖い顔 何とか言い訳ができて良かったような、仲居さんは本当によくやってくれました。有難うございます・・そしてごめんなさい! (-_-メ)
帰りに宿の外で「料理と温泉の旅館」と言う看板を発見。なるほどね、食事と温泉に力を入れているんですね。美味しいはずだまた来たいな、その時は仲居さん怒らないでね。
気持ちの良い宿でした。皆さんにお勧めします!
                                         小田嶋
僕のおすすめの宿「渚館」HP
http://nagisakan.jp/
中古マイクロバスの事なら
http://www.autogalaxy.co.jp/

青森川部の田んぼアート☆

              青森県川部駅の田んぼアート
青森 062+1
翌日早めにホテルの送迎用10人乗りのハイエースで他の泊り客数人と一緒に鰺ヶ沢駅に送ってもらった。
DSC00058+1.jpg
鯵は取れない鰺ヶ沢
時刻表を見ると発車時間まで1時間少々ある。駅には2Mそこそこのベンチと小さな売店しかない。
ここで1時間は長いなー駅員にこの近くで見どころある?歩いて20分位のところへ“郷土力士館”が有ります。
歩くには遠い・・貸自転車は?この先に有ります。早速行動!日本海に面したスーパーの2階に有った。
この地域出身の力士は多いようだ。“舞の海”は特に有名で彼を中心に郷土力士の生い立ちや相撲の歴史を
展示している。思わぬところで相撲を知った気がする。
DSC00060+1.jpg DSC00061+1.jpg
          ”舞の海”フアンにはたまらない・・
そしていよいよ青森へ・・五能線へ乗り込み出発した。
DSC00059+1.jpg
    ぶらりにはピッタリ・・五能線
この調子だと青森へ何時に着く?スマホでチェック、川部駅で奥羽線と乗り換えてっと・・何だこりゃー
川部駅で乗り継ぎ時間が又1時間以上ある!・・マッ仕方ない川部についたら考えよう。
車窓から又のどかな田園風景を見ながら各駅停車でノンビリと1時間少々掛かって川部駅に着いた。
この地域の各駅のプラットホームにはリンゴの里〇〇駅とか立ねぶたの町〇〇駅とか?おらが町観光を売り込んでいる。この川部駅は何が売りなんだろう?最初に目についたのは“田んぼアート”??何これ?
駅員さんに聞くと毎年この時期マスコミなどでニュースになる。田んぼをキャンバスに見立てて現代の米と色違いの古代米を植え付け巨大な絵にする。そう言えばTVで見たことが有る。あれだ。
それはイイ、タクシーの運転手に聞くと今が最も見ごたえのある時期です。
電車の待ち時間が1時間以上ある充分でしょう?ウーン日本全国からからそれを目的に多くの観光客が来ているから・・運転手の返事が重い、取りあえず現地まで行って判断をしよう。
駅前から続く田んぼの中に遠くからでも判る城をかたどった田舎館村役場、到着すると観光客の順番待ちの列が役場の外まで並んでいる。
青森 057+1
         田舎館村役場
小さな2基のエレベーターで降りた人数分のみ昇れる仕組みだこりゃダメだ、見たいけどとても1時間じゃ見られない。
青森 049+1
      これが今年の田んぼアート!
目の前の色違いの稲だけをカメラに収めてタクシーに乗り込んだ。
青森 058+1
    横で見るとこ~んな感じ
運転手に“やっぱり駄目だった。”すると運転手“ここから10分位のところに第二会場が有りますよ。
そこの会場は子供向けで今年はウルトラマンですが?”“見れますか?”“そこは空いています。
“ジャーそこへ頼む”田んぼの前に4階建てのビルが有るそこは階段も自由に昇降出来る。
建物4階部分まで昇り見下ろした。ウァー良く出来ている。
青森 061+1青森 062+1
           ウルトラマン!感激!!
使われている色の違いは古代米で黄稲、紫稲、赤稲等の種類が有りそれをモミから育て下絵に添って何千もの座標軸を打ち5月初めにボランティアを募り田植えをするらしい。
今年は小学生が中心らしい実り始めると大変な感激だろう?僕らの様に電車の時間待ちで偶然訪問する人達と違い毎年この時期このイベントの為に全国から25万人~30万人の観光客がこの町に押しかけているとの事。何だか得した気がした。
多分今年も近々TVで放映されるだろう?新青森行の奥羽線川部駅発車10分前に到着!
早めにとったお盆休み、これから暑い東京に帰り他のスタッフの休んでいる間、事務所に出て電話番をしなければならない・・我々の仕事は直前に何が有るか判らない為、事前に計画を立てて予約を取って休む事が出来ない。
今度の旅も又行き当たりばったりだった。しかしそのおかげで“観光ガイド”にない新しい事を知るぶらり旅、行く先々で気も使うがハプニングも有り結構楽しい思い出が残る。
特に最近はTVのナツメロ歌番組が増えている。石川さゆりの“津軽海峡冬景色”が身近に感じられるのはこの旅行のせいかなー?
日本中の働き過ぎのお父さん“たまサはゆっぐりどした津軽の旅行をお勧めします。”                             
                                          水江一正

ねぎそば!

              ねぎそば  ねぎそば13
最近は涼しくなり食欲の秋の到来ですね。
何か美味しいものを食べようと考えてみるとこの時期は「そば」が美味しい。何度かテレビでやっていたねぎですくって食べるそば、「ねぎそば」今回はこれにしようと福島県南会津にある大内宿へ向かうことに。連休中は混むので平日に行ってまいりました。
ねぎそば4 ねぎそば17
南会津の山中にあり寄棟造の民家が立ち並び江戸時代は「半農半宿」の宿場であった
東北自動車道に乗り走り始めると多少トラックが多いものの、さすが平日すいすい進んでいる。
宇都宮を過ぎたあたりでいきなり渋滞情報が!何と矢板から先で工事&事故による渋滞。抜けるのに1時間以上。「はまった」せっかく平日に来たのに・・・気をとりなおして走ること2時間、大内宿へ到着。時間は14時を過ぎていた。
ねぎそば1 ねぎそば2
           スイスイ進んでいる・・なのに渋滞!?
早速お目当ての「ねぎそば」を食べようと有名な「三澤屋」さんへ。
ねぎそば3
       有名な「三澤屋」さん
ここは大変混む蕎麦屋さんで、朝8時から順番札を配るとか、恐る恐る店内に入ると待ち客はいるものの比較的待たなそうなイメージ。
ねぎそば5 ねぎそば9
              ラッキー空いているかも・・
お店の人に札をくださいと言うと、「はい、8番目だからちょっと待ってくださいね!」と親切に言われ待つこと15分、「24番の札の方」あっ、もう呼ばれた。
ねぎそば15
      この札、整理券です
座敷に上がりいろりの席に案内される。
ねぎそば10
  風情のあるいろりのそばで・・
注文は「高藤そば」このそばは会津の殿様に「これは美味じゃ!」と唸らせた大根おろしそばだそうです。
ねぎそば12 ねぎそば14
        メニュー             高藤そば・・大根おろしそば
ねぎでどうやって食べるのか周りを見回すと、皆さんお箸で食べている、なーんだまあ良いか。
それではいただきます。そばはこしがあって少し細めだが大変美味しい、ねぎも意外にばりばり食べられる。大根おろしの辛さがどんどん増していくので最後のほうは辛い辛い、でも美味しかったです。
ねぎそば13
      辛いけど美味しい!
さて、お腹も張って大内宿を散策。「国選定重要伝統的建造物群保存地区」となっている。
ねぎそば21
 ミニ白川郷、子安観音堂付近から見た大内宿
大内宿は白川郷の少し小さいバージョンといった感じ、平日の15時過ぎだったので空いていてあっという間に散策終了。おみやげも買ったしそろそろ帰らねば。急いで家路へ向かいました。
ねぎそば19
  水が冷たいのかラムネが・・
ちなみに帰りも事故渋滞にはまり、行きと帰りの車に乗っていた時間は合計12時間。大内宿の滞在時間は1時間30分でした。今度から遠出は泊りで行きます。
みなさんも美味しいものを探しに出かけましょう!
                                   小田嶋 

甲府温泉・みたまの湯 ♪

           今年のお墓参り
青森 120+1
  ゆるキャラ?”武田菱丸
今年の夏の暑さはいつまで続くの?“暑さ寒さも彼岸まで”はもう通用しないのか、お彼岸に入ったのに半袖でも少し動くと小汗をかいてしまうほどである。
毎年、お彼岸には八王子の墓苑にお墓参りに行き草むしりや墓石を洗い清めて一汗をかき、その帰りスーパー銭湯で汗を流し食事をして帰るのが恒例となっている。
運よく今年は臨時収入が入ったのでプチ贅沢をしてみようかなと”Let’s Go ONSEN”を急きょ計画。
八王子から1時間も電車に乗れば石和温泉?早速温泉宿のチェック・・
But !!やはりこの時期どこのホテルも満館!
作戦を変えて日帰り温泉チェックにしてみた。あった~!何件かヒットした。その中で人気ナンバー1“みたまの湯”マスコミにも時々取り上げられている町営の施設らしい。しかしながら交通の便が非常に悪そうで墓参り後に行くのは時間的にかなりきつそうである。
そうだ!駅前のビジネスホテルならこの時期でも空いているかもしれないと、NETで調べGET、かなりリーズナブルな価格で予約が取れた・・これでOK!
当日、例年より早めに出発して墓参り、その後甲府駅前の“N-Tホテル”へ直行、PM5:00前には到着。
このホテル各部屋にバスは付いているしその他大浴場もある、サウナも有る、しかも温泉だ。
思いもよらず温泉ぶろにつかり、サッパリしたところで駅前の繁華街で夕食を取る事にした。
・・まるで子供の頃の修学旅行気分になって、この地域で有名なのは、ほうとうと数年前にB級グルメチャンピオンになった“甲府鳥のモツニ”。
    
ほうとう 320PX-~1
       ほうとう       甲府鳥のもつ煮
それを売りにしている店はいづれも観光客で行列、かなり待たされそうなのでその他の居酒屋に入った。
この店は魚が売りの様でカキ、ハマグリ、ホタテなど殻つきのままで目の前のヒチリンで焼いてくれる。・・しかし山梨には海は無いはずー?
でも心配には及ばず、ここから2時間くらいで静岡の遠州灘が有るそうで新鮮な魚介類は届くそうであるー便利になったものだ。
あれこれ食してPM8:00過ぎほろ酔い気分でホテルに到着。アッソウダ・今日は半沢直樹の最終回が有る。視聴率NO1の”倍返し”を見ておかないと情勢に乗り遅れる!!
・・・TV終了後、気持ちよく本日は早めの就寝!
半沢直樹
  ”ドンデン返しの倍返し!!”
翌朝も絶好の行楽日和・・直接“みたまの湯”へは早すぎる。甲府へ来たらぶどう狩り?
ホテルのフロントで聞くと近くのブドウ園、大和園さんから迎えに来てくれるとの事。
青森 109+1青森 115+1青森 116+1
      ピオーネのブドウ畑と作業をしているお姉さん?
そしてこの地の名勝“武田神社”の参拝が終わったところでお昼前、丁度良い時間である。
DSC00092+1.jpg DSC00094+1.jpg
           武田神社とゆかりの武田信玄の甲冑?
いざJR身延線で“甲斐上野”下車してそこからタクシーで”みたまの湯”へ・・
スイカは使えないとのことで切符を買って自分で電車のドアーを開けて着席。30分程で甲斐上野駅に到着。
DSC00096+1.jpg DSC00104+1.jpg
             のどかな身延線
駅前にタクシー?タクシーどころか人っ子一人いない。一緒の電車で来た熟年女性が一人?
青森 129+1 DSC00097+1.jpg
             人がいない・・甲斐上野駅
この女性、公衆電話を掛けている・・館側でタクシーを呼ぶから相乗りで来て欲しいとの事。
よく見ると送迎バスは9:30と15:35の2本だけ?しかも土、日、祝日は無い。暫くするとタクシーが来た。人との会話が少ないせいかこの運転手よくしゃべる10分程で到着。これがみたまの湯!?
町営の為か建物の造り等は何処にでも有りそうな普通の保養施設だ。
DSC00101+1.jpg DSC00099+1.jpg
         みたまの湯          露天風呂からの風景
大人一人が750円の入場料を払い内湯を抜けて露天風呂へ!これはスゴイ!山の中腹にあるだけあって甲府盆地の街並みが眼下に見える。その向こうに南アルプスから奥多摩の山々の大パノラマが広がる。
みたまの湯1みたまの湯2みたまの湯4
みたまの湯1みたまの湯3みたまの湯5
                  絶景!是非一度行って見て!
これは絶景!!特に自然満載で空気も澄んでいて夜景が素晴らしいらしい。
太古の植物から溶け出した天然有機物を含む茶褐色の温泉はアルカリ性単純温泉で神経痛、筋肉痛、慢性消化器病等などに効用が有るとの事。
宿泊施設が無いのが残念!又来て冬の夜景が見たいが交通の便が気にかかる。
折角、お風呂は気に入ったのに残念!夜景まではたどり着けそうにもなさそうである。
                                          
                                         K・N  

青森千畳敷海岸、田中屋へ!

    
 青森千畳敷海岸 田中屋へ!   DSC00049+1.jpg
さて翌朝、当日の観光日程の相談にフロントへ“駅までの送迎バスはさっき出てしまいました。”
ジャーこのホテルから観光地へは?
観光バスは無い?レンタカーは青森駅まで行かなければ無い?仕方ないタクシーを呼んでもらってこの地域を案内して貰う事にした。
先ずはこの地自慢の千年甕杉(カメスギ)、県の天然記念物、幹回り8.2M高さ30M。
DSC00021+1.jpgDSC00017+1.jpgDSC00016+1.jpg
                   重厚な千年甕杉
そしてその先、車で5分程、幹回り22Mの北金が沢の千年イチョウの木・・“日本一なんですよ”これはスゴイ!しかし観光客は全くいない?その上丁寧に管理されている様子もない?
DSC00023+1.jpgDSC00024+1.jpg青森 023+1
             日本一の千年イチョウの木
・・失礼だがこの寒村の千年前はどんな村だったのだろう?地元の豪族“安東氏”が納めていた頃は魚が豊富に採れてこの地域も豊かだったらしい。
千年甕杉、千年イチョウなぜもっと観光名所として売りにすれば良いのに?
都会の造られたレジャー施設より数倍落ち着く・・年のせいかな?運転手曰く“ここは観光コースに入っていない”のだそうだ。
僕は早速千年杉の幹に手を当てて千年の“気”を貰い元気タップリで次の目的地へ!
DSC00019+1.jpg
          千年の”気”を・・・
聞けばこの地域全体が白神山地の世界遺産に登録されているとの事?これまたビックリ、平泉の中尊寺とか姫路城なら出口と入口が有り解り易いが、連なっている山全体が世界遺産?やはり同じような質問が多いのだろう白神山地のイメージを縮小した2KM~3KMのモデルコースが何種類か有るとの事、コースによってはガイドを付けなければ危険らしい。ツキノワグマも居るし日本猿も居るらしい
世界遺産白神山地 世界遺産白神山地1
          世界遺産「白神山地」
僕はタクシー運転手お勧め十二湖めぐり青池、涌壺の池等をめぐる最短コースの“世界遺産めぐり”を選んだ。
DSC00033+1.jpg青森 030+1青森 031+1
              神秘的な青池・沸壺の池
ブナやナラの生い茂った原生林の中を一時間少々歩いた。木漏れ陽のさす大自然は夏でも涼しく足元に何千年もの落ち葉の歴史を感じながらの森林浴は久し振りの爽快感が有った。一時間程歩くと心地よい小汗をかいた。時計を見るとPM1:30少々腹が減った。
そこで運転手と昼食場所について相談。ここから2時間くらいかかるが津軽国定公園の千畳敷海岸に“田中屋”が有る。
そこのおかみ、津軽弁で話が良く判らないだが気持ちが良く評判が良いとの事。OKそこにしよう!
途中海岸沿いにしゃれたレストランやピザハウスも有るが、美味しい地元の新鮮な魚料理が食べたい!
近年テレビで有名になったブサイクだけど可愛い秋田犬“わさお”が居る“焼きイカ街道”を抜け田中屋へ!
わさお君
   今や有名人?のわさお君
2時間くらいでこの地域の観光スポット“千畳敷海岸”へ着いた。日本の夕陽百選にも選ばれているそうだ
DSC00047+1.jpg DSC00050+1.jpg
            千畳敷海岸!癒しのスポット
その入り口に“田中屋”が有る。アルバイトの青年が店の前でイカを焼いている。
青森 035+1
    田中屋さんの店先・・・のどか
中に入ると“魚が美味しい店”のイメージとは少し違う?
麦わら帽子やビーチボール等を天井から雑多につるしている。“何だ海の家か?”すると奥から小柄な太ったお母さんが来て“イキヤッシャイ”(いらっしゃい)“ナンバシマスダナ?”(何しましょう?)“ココヘスワリマレ(どうぞこちらへ)“ナ、初マナクテダバネノ”(アンタ初めてではないね?)“いや初めてよ”“ンダンジカナニカクウ”(そうか何食べる?)
テーブルの上にメニューが無い?よく見ると天井のすぐ下に黒くなった品札が何枚かぶら下がっている。
よく読めない。
DSC00040+1.jpg
     メニューらしき物が・・
“この時期、刺身の美味しい魚は?”“ウチハナンダバメトクサイカトカヒラメが?”(うちは何でも旨い特にイカとかヒラメが)・・・
名古屋からこの時期手伝いに来ているという妹が通訳してくれる。“ジャそれお願いそれとビール”・・やっと普通の会話になった。
青森 032+1
  名物女将さんとお姉さん
しかしお母さん津軽弁が激しくて半分くらいは判らない。海外旅行でもこの程度通じない会話力には慣れている。
判らない会話は飛ばして用件だけを言った。岩ガキ、カサゴの煮つけ等を次々頼んだ。・・出された刺身とてもおしゃれに盛り付けられたとは言えない。漁師たちが船の中で採った魚の盛り付けはこんな感じではないのかな?
お母さん、気に入ってくれたのか僕の横に座ってお酌を始めた。“イカノシオカラバ持ってコナガ”(〇○ちゃんイカの塩辛を持って来なさい)ハーイ、これまた瓶ごと箸を突き刺したまま。“コイメカキヤ食ってミロ”(これ美味しいから食べてみろ)今思うとこれが一番うまかった。
青森 037+1
     話がはずみ?酒も進む・・
よく見ると店中にスポーツ選手や俳優の色紙や写真がベタベタ貼られている。
“2年前サ巨人軍の高橋選手コガ来タンダ”へー何しに?“ヨク私カキヤネガ来タ”(良く判らないが来た)“コノ次ハ長嶋監督ド来ルド言ッテイタガ?”“長嶋監督は無理ダベノ”・・
DSC00042+1.jpg
    有名人?のサインがズラリ
この地域は町中に秋田犬“わさお”のポスターが貼られている。
わさおポスター
 東映映画「わさお」のポスター
2年前にこの町で撮影が有ったらしい。その時、薬師丸ひろ子や芸能関係者がその期間中チョクチョクこの店へ寄っていたらしい。その映画のおかげで日本全国に知れ渡りその後も県外からの旅行者が相当増えてこの田中屋も一気に有名になったのだろう。特に海辺のこの場所の冬の寒さは相当らしい。海辺に面して鉄道も有るが波で凍ってたびたび運休になるとの事。
その上バスも雪が深く運休する事が多いらしい。人口1万人そこそこのこの町にも充分観光資源は有りそうだが整備されていない。夏のシーズンしか観光客は殆ど来ないのでは?その中で60年近く商いをしている。相当芯が強くなければやっていけないだろう?
このお母さん、自慢話や苦労話を色々してくれた。話が面白く知らないうちに1時間程経った。“ジャーお母さんまた来ます。”
“マタヨッテガサマイ”・・ン?・・どうも挨拶らしい。ほんのひと時ほのぼのとした気持ちにさせてくれた。
DSC00046+1.jpg
     津軽の肝っ玉母さんと・・
東京の住まいの近くでこんなキップのお母さんが小料理屋をやっていると仕事帰りに時々立ち寄るかもしれないなー?
                               水江 一正

ぶら~り・・青森県鰺ヶ沢温泉へ

       ぶら~り!五能線で鰺ヶ沢温泉[emoji:v-48]
五能線
       のどかなり・・五能線
今年の夏休みは青森県の鰺ヶ沢温泉へ!
8月10日(土)NETを通して運よく2泊3日の予約が取れた。
新鮮な魚と湯量豊富な“鰺ヶ沢温泉”ホテルはいわき山中腹のN・Sホテル。
お盆前の週末の為だろう。“良かった!”しかしやはり問題が発生した。そこへ行くまでの交通機関だ。
東海道新幹線の様に1~2本待てば座れる?とんでもない甘かった。僕はこの時期、自家用車を出して旅行する気は全くない。仕方ない国分寺駅の観光案内で交通機関について再度相談する事にした。
さすが国鉄の案内所あれこれ相談している内に“グランクラスならご用意できます。”ン??今まで聞いたことのないクラスだ。幾ら?特急券より5,000円高?
仕事の関係で地方出張も有るが今までグリーン車に乗る事さえ殆どない。“何が違うの?”
“専任のアテンダントが付いて飲食も御用意しております。”“タケーナー、ホテル代より交通費の方が高くなる?でも仕方ないJRからどんな待遇を受けるのか今後の参考にと予約した。
大宮発の“はやて83号”3時間少々の旅だ。
シートは飛行機のビジネスクラスを意識している?普通横並びの3シートに変わりポルシェ、ベンツ等高級車に使われているドイツ製“レカロ”大きめのシートが2席とゆっくりとっている。シートパットも大きくリクライニングの選択も豊富だ。
食事は気の利いた駅弁と飲み物は飲み放題!しかし好きなビールと言ってもそんなに飲めるものではないが快適だ。
グランクラス室内+1 グランクラスのメニュー
   グランクラスの豪華なシート         メニュ~
所要時間も短く感じられた。しかしまた乗ろう。とは思えなかった。ビンボー性のせいだろう?
新青森駅には明るいうちについたがそこからが大変1時間に1本の3両編成の奥羽本線そしてさらに五能線を乗り継ぐことになる。このあたりになると車窓からの景色、背の高い建物が全くなく気持ちがなごむ。
五能線
      のどかな五能線
あたり一面、稲刈り間際の黄色い田園風景とリンゴ畑が続く岩木山がひときわ目立つ、電車の乗降客は駅ごとに2~3名、路線バスより少ない。時々部活をやっているのか真っ黒に日焼けをしている女子高校生達がにぎやかに乗り込んでおしゃべりを始める。
目が合って時々話を聞く、僕は電車での旅行はこの様なコミュニケーションが好きだ。必ずこの地域の新しい何かを知る事が出来る。
リンゴの木 青森の田園
               リンゴの木と青森の田園風景
五所川原経由で鰺ヶ沢駅に着いた。五所川原と言えば歌手の“吉幾三”の歌であった電気もネー、電話もネー、のあの町だ。
車中で運転手さんに切符を渡して勝手に無人駅を出る。駅前に住宅は少なく灯りも少ないしひと気も無い?
やはり東京より幾らか涼しく感じる、6度~7度は低いのだろう。ずいぶん遠くへ来た気がする。
そこからさらにタクシーで30分、少々信号も照明も殆どない真っ暗な山の中を上り無事到着。
このホテル、ゴルフ場と冬はスキー場もしているらしく固定客が多いのだろう。辺鄙な場所なのに宿泊客はかなりいる。
N-Sホテル
  人里離れた場所に悠然と・・・
泉質はナトリューム、炭酸水素塩が豊富との事、湯はサラサラしている。効能は疲労回復、筋肉痛,消化器系統にも良いらしい。
いつもの様にゆっくりと1時間半ほどつかり揚がるとポカポカして何となく身体が軽くなったような気がする。
露天風呂
       心も体も豊かな気持ちに・・
夕食はアワビ、カニ,イカ、ヒラメ、採りたての山菜等など地元の食材を中心のビュッフェスタイル品数も多く宿泊代の割に豪華で得した気がした。ここまで来るには大変!これくらいの料理を出さないと集客もままならないのだろう?
津軽の山海バイキング 津軽の山海バイキング②
            山海の幸のバイキング
しかし自家用車で家族旅行する人達にとっては泉質も良いし食事も良い、その上宿泊代もリーズナブルなお勧めの宿だ。
さて僕は美味しくビールを飲んで早めの就寝!
                                      水江 一正

北海道ゆるり旅 2013 夏

             
             北海道 2013 夏 
またまた行ってきました北海道。天気は曇り時々雨。気温は20℃前後!東京は35℃とか36℃とかテレビで言っていたので大変ラッキー!涼しく旅行をして参りました。
今回は網走方面へ向かってみました。網走と言えば「網走刑務所」が有名ですね。
北海道2013 036+1 北海道2013 037+1
先ずは旧網走刑務所を移築復元あるいは再現建築された建物群のある「博物館 網走監獄」に行ってきました。
北海道2013 021+1 北海道2013 022+1
     監獄の博物館があるとは・・さすが網走
先ずは入口。網走刑務所は市街地と網走川を挟んだ位置に設置されている為、橋を渡らないと出入りすることが出来ません。この橋の名前が「鏡橋」と呼ばれています。「流れる清流を鏡としてわが身を見つめ、自ら襟を正し目的の岸に渡るべし」との思いがその名前の由来とか。
北海道2013 019+1北海道2013 020+1北海道2013 035+1
        鏡橋・・・我が人生を見つめ直し・・
中に入りメインの五翼放射状舎房へ入ります。こちらは明治45年から昭和59年まで実際に使用されていた獄舎だそうです。5本の指を放射状に広げたような形は少人数でも監視しやすいと言う利点があったそうです。
北海道2013 028+1北海道2013 029+1北海道2013 030+1
他、入浴時間15分入り方にもルールがあった浴場、ルール違反をした囚人が入れられる独居房、他厨房施設、農作業場、等々散策しているとあっという間に1時間以上の時間が経ちました。
北海道2013 025+1北海道2013 026+1北海道2013 024+1
                入りたくない・・・
北海道2013 032+1 北海道2013 033+1
明治維新後エゾ地と呼ばれていた北海道が本格的に開拓され始めたそうです。その理由の一つとして、当時の時代の背景で新政府に対する不満が渦巻き、犯罪者が急増し内乱が相次ぎ国事犯、政治犯が続出しこれらの囚人を収容するための刑務所が足りなくなり、広大な北海道に刑務所づくりをもとめ開拓がすすめられたとか。また、この北海道の開拓に使われたのが大勢の囚人であり、自分たちが入るための刑務所建設やそこに向かう道路などを切り開いた彼らは10kgもある鎖と鉄の玉に繋がれての作業だったらしい。大勢の囚人の犠牲や努力によって札幌~網走間が切り開かれたとは・・・・勉強になりました。
北海道2013 034+1
       お努めご苦労様でした!
宿泊先のすぐ近所に温根湯温泉道の駅がありちょっと寄ってみたところ「日本一おいしい生ソフトクリーム」と言う看板を発見。どうせまた騙されるだろうと思いながら大豆ソフトクリームを食べてみました。「うまい!」日本一かどうかは分からないが美味しかったのでご紹介します。近くに行ったら食べてみて!
北海道2013 018+1 北海道2013 017+1
      絶対食べてみて・・オイシ~イから
翌日、ずうーっと走ってきてやってきたのが名寄市にあるホテル。
ホテルの1階にスキージャンパーの手形がいっぱい飾られている。荻原健司、荻原次晴、舟木和喜、岡部孝信・・・・等々そうそうたるメンバーの手形がいっぱい。
北海道2013 047+1 北海道2013 048+1
    往年の名選手たち・・ジャンプの黄金期を担っていました
外を見るとホテルのすぐ近くにスキージャンプ台があるではないか!すぐに行ってみるとここは「名寄市ピヤシリシヤンツェ」と言うスキージャンプ場で、本日は中国の女性の選手が練習中との事。
飛ぶのを見ましたが、とんでもない高さから何の躊躇なく滑り出し、米粒ぐらいの大きさの人が飛んできて「ザザー」と言った音とともに急ブレーキで止まります。「すげー!」と思って選手を見ると、まだ中学生ぐらいの女の子!再び驚き。この大迫力に大感激でした。
北海道2013 042+1北海道2013 049+1北海道2013 052+1
            高所恐怖症の方は危険です!
そう言えば最近女子のジャンプで圧倒的な強さで優勝を何度もしている髙梨沙羅ちゃんは隣町の上川町出身なのでここで練習をしているのかな?一度見てみたいな!えっ、2011年12月17日の「名寄ピヤシリジャンプ大会で沙羅ちゃんが優勝していたみたい。やっぱりここで飛んでいたのか!感動!
高梨沙羅
  日本のホープ 沙羅ちゃん       
撮影中に指に「とんぼ」が止まったので1枚ぱちり!
北海道2013 043+1     
秋近し・・?
最後に、いつも北海道に行くと地名が読めず困っています。なかなか読めない地名をいくつかご紹介します。読めますか?(答えは下のほうです)
①長万部町 ②興部町 ③倶知安町 ④占冠村 ⑤積丹町 ⑥雄武町 ⑦苫小牧市 ⑧ 厚岸町
答え
①長万部町(おしゃまんべちょう)② 興部町(おこっぺちょう)③ 倶知安町(くっちゃんちょう)④ 占冠村(しむかっぷむら)⑤ 積丹町(しゃこたんちょう)⑥ 雄武町(おうむちょう)⑦ 苫小牧市(とまこまいし)⑧厚岸町(あっけしちょう)
みなさんいくつ読めましたか?
                               小田嶋

日本中駆け巡るパキスタン人!(最終章)

日本中駆け巡るパキスタン人 (最終章)
日本から毎年100万台以上の中古車が世界各国に輸出されています。
輸出車輛
             輸出車両
日本で使用された中古車はメンテナンスも良く世界中の人達に喜ばれています。
しかし今は心無い一部の輸出業者が事故歴車を偽ったりお金を受け取りながら船積みしないで逃げてしまったり問題が多々発生しています。
確かに我々も発展途上の国を訪問して土産物などを買うことも有るが“売ると買う”が一発勝負!お金を渡して品物を貰ったらそれで取引は終わり!
同じ品物が隣の店へ行くと半値で売っている事も良くある。
この習慣を日本にも持ち込んで来ているから始末が悪い。
大半のブローカー達は余り約束を守らない昨日と今日では価格が変る。都合が悪ければ連絡が付かなくなる。
ディーラー 中古車業者ショウルーム
         ディーラー            ショールーム
輸出先の新興国では〇〇年式の〇〇型の車は〇〇万円、日本の新車の価格表のようなデータが有るのだ。
新興国のインポーターもそれは十分承知している。・・
事故歴車であろうとメーター改ざん車であろうと構わないその価格で売れる。それが取引のルールなのだ。
車を渡してお金を貰えば取引完了!不思議と買った後でグズグズ言わない?
日本で自動車はやはり高価な商品だ故障もするし事故も起こす。故障時にはJAFを含めてアフターサービス体制が整っている。だからユーザーは安心して買い求める事が出来る。
解体や 解体車集荷
        解体や                解体車集荷場
日本の商いの習慣では車を納車してから取引が始まる。代替えが有り、増車が有り紹介も有る。
しかし彼らにとってはエンピツやTシャツと同じ感覚の様である。売りと買い値段が合えば取引完了!
取引後エンジントラブルが有ろうと雨漏れしようと・・一切関知せず。
それが新興国の市場のルールの様だ。従って一部の輸出業者は国内のオークションで事故車、修復歴車を積極的にしかも集中的に買い集めている。他社より1000円でも安い車両を探すのである。
日本のオークションではその修復歴車は安く評価はされている。安く仕入れただけ儲けが大きいだから積極的に落札している。
弊社では取引先の海外インポーターに対し日本では流通相場が決まっているから安い車は安いなりの理由が有るのだよって教えているが負け犬の遠吠えに聞こえているようです。
しかし最近はそれぞれのバイヤーも認識している様で無修復歴とか低走行距離とかを要求して来始めた。
これからが正常な輸出の第2ラウンドが始まるとみてよいと思う。楽しみにしている。
今迄でたらめなビジネスをしていた輸出業者がインポーターからしっぺ返しを食う番だから・・。
我々も信頼を基に永くお付き合いの出来る優良なインポーターを探さなくてはならないから・・逆に新興国のインポーターの一部には日本の輸出業者からどの様にして車をまきあげられるか手ぐすね引いている業者も多い。いかに信頼関係が出来ても車のBL(船荷証券)を集金前に送ると100%近く相手からの送金は無い!中古車輸出をしたがっている業者は日本中に溢れているからだ。
幾らでも代替えがきく。アブナイビジネスでも有る。・・お人好し日本人輸出業者、80%以上?いや90%以上その痛い目に会っている?お金をもらって船積みしなかったり、先に車を渡してお金をもらえなかったり・・・油断できないビジネスである。
特に最近はこの中古車輸出ビジネスに色々な業界の人達が溢れるほど参入してきている。
車の事を全く知らない業界の人達がどんどん増えている。
そして今までの自動車業界の常識では考えられない流通が出来始めている事を実感する。
ちなみに現在、日本の新車デーラー、中古車専業社はNETの普及でオークション相場はもとより売りと買いの価格が一般ユーザーに丸見えの為、もうからずアップアップの様である。
オークション会場1
            オークション会場
その上、修理業者はユーザー車検の普及で修理の仕事までも取り上げられている。
この先どうして食っていく?・・ガンバレ“自販連”“中販連”加盟の日本全国の自動車屋のオヤジ達!
・・タバコ吸ってゴルフ場で情報交換等している暇ないよ!
何十年も続いた昔ながらの自動車販売は通用しなくなっているよ!
もっと真剣に感性をミガケ!今やパキスタンバイヤー、スリランカバイヤーに日本の中古車マーケットをどんどん浸食されているぞ!
当社は長かった暗いトンネルの出口をやっと見つけたゾ!
トンネルの先の灯り
     長かったトンエルの先には光が・・・
                                      水江 一正

めんそ~れ OKINAWA!

ハイビスカス めんそ~れ 沖縄!! OKINAWA 006+1
初めての沖縄!!この年にして!?
朝4時起き、5時半のバスで羽田へ・・!!ツアー料金を値切った勢かフライトの時間が早い・・
でも、沖縄まで3時間・・ちょうどいい時間に着きそうだ。
飛行機は例のLCCではなかったのだけど、最近は機内サービスが良くない。出てきたのはジュースやコーヒーだけ、ビールは有料・・飲みたいけどグット我慢!
やっと着いたぞ!!OKINAWA~
OKINAWA 001+1
皆レンタカー族らしく、ごっそりと駅近のレンタカー会社にマイクロバスで連れて行かれた。
やはり沖縄は観光バスというよりもみんなレンタカーが移動手段のようだ。
このツアーはレンタカーとセットなのでナビ付きのSクラスのレンタカーを借りた。
目的地を入力しただけでそこまで誘導してくれる。すっ、すばらしい!!
あまりナビ付きの車に乗ったことがないのでもの目面しい。
初日の目的地は半日しかないので、パイナップルパークとちゅら美水族館。
貪欲に沖縄を堪能するつもりである。この先いつ来れるかわからないし・・
パイナップルパークではまずGrごとにゴーカートに乗せられると国別に対応したガイダンスが流れる。中国や台湾、韓国の観光客が多い中、我々は国籍を聞かれもせず日本語のガイダンスが流れた。
OKINAWA 005+1 OKINAWA 007+1
       ミニカーでまっ~たりと誘導されて 
その後パイナップルやパイナップルで出来たワイン等の試食コーナーへ否応なく移動、パイナップルの食べ放題ワインの飲み放題だったがパイナップルは流石に非常においしかったが気の弱い私は結局泡盛とシークアーサーのジュースを買ってしまった。
次にちゅら美水族館へ・・非常に広大な土地に綺麗に整備されていて屋外にエスカレーターまで付いている。但し残念なことに飲食出来る店が非常に少なくて、朝からろくなものを食べていなかったので空腹の極み状態である。巨大な水槽にジンベエザメの遊泳等、一日中いても飽きない水族館、2~3時間ではもったいない感じでした。
OKINAWA 009+1OKINAWA 018+1OKINAWA 019+1
OKINAWA 028+1OKINAWA 032+1OKINAWA 037+1
   何時間いても飽きない水中ショー 巨大なジンベエザメも・・見えない!?
遊びすぎたのでホテルに戻る時間が遅くなり、初日に予定をしていたホテル内のレストラン「島唄」は満席状態、ショーが終わった10時頃にやっと入れましたが食べ物はほとんど売り切れ状態、散々な初日でした。
島唄
          残念!!
翌日は天気も良く、最初からの目的だったシュノーケリングにチャレンジ!
宿泊しているマリンスポーツコーナーに「青の洞窟シュノーケリング体験!」一人約2時間で5千円があり早速、予約をしました。1チーム4人で我々は若者のカップルと一緒になりました。
ホテルのライトバンで岬まで・・そこにはダイビングやシュノーケリングをする連中でまるで銀座のような混み方! 外人が多く、どうやら基地の人達らしい・・みな健康的に日に焼けてカッコイイ!!
我々はまず担当のインストラクターがウエットスーツの装着の仕方から教えてくれる、そしてマウスピースのはめ方等、私はマウスピースのくだりは別の事をしていてほとんど聞いていなかった。
キット大したことないだろうと高を踏んでいた・・・これが後で飛んでもないことになろうとは・・・取り合えず皆で仲良く「青の洞窟まで」岩場にしがみつきながら・・若者たちはさっさか行っていたが・・洞窟付近は各ホテルからの体験コースの人達で順番待ち、やっと我々の番が・・海にそっと入るヒヤッとする。ウエットスーツを着ていても意外と水が冷たい。それに写真で見る「青の洞窟」のイメージでは全然無い。只の暗い洞窟だ。そう思っているとインストラクターが真ん中あたりで10秒間目を閉じてください・・・・そして後ろを振り返ってください・・・振り返るとナッ ナント「青の洞窟」だ~!!
青の洞窟1青の洞窟2
        これぞ青の洞窟
種を明かせばライトが当たっていて水面が反射して青く見えるトカ・・・
しかしまあ納得!それから洞窟を出てカラフルな深海魚?を見ながら遊泳・・・のはずが何故か私だけシュノーケリングが上手く出来ない。皆平気な顔をして楽しんでいるのに・・ナゼ??
海に顔を入れると2~3秒で口の中に海水が一杯で苦しくてもがいてしまう。一人だけバタバタしていると、インストラクターが・・マウスピースの付け方が違うんじゃない?・・ですって。
シュノーケリング ダイビング
        クッ苦し~い!     下を見れば体験ダイバー達がウジャウジャ
早く云ってよ~もう殆ど終りの時間、魚と目が合うこともなく私の初体験は終わってしまいました。
仕方が無い、その代り色のついた刺身(沖縄の刺身はピンクやブルーのカラフルな刺身が出てくるらしい)でも食べてウップンを晴らそう。と思って地元の人に教えてもらって行った(わざわざタクシーまで呼んで)「恩納まつり」安くて美味しいとの話だったのですが、あまりにも大衆酒場風で落ち着かず早々に帰って来ました。
まんパク 052+1まんパク 053+1
    キット美味しかったと思うのですが・・・チョット体調が・・
今日も空振り、残るのは空腹と疲労感!!早々に就眠・・
最終日は那覇に移動の日、市場や琉球村、ひめゆりの塔などを見学、戦争の悲惨さを痛感。
OKINAWA 079+1OKINAWA 084+1OKINAWA 089+1
             沖縄の市場は一味違う!?
OKINAWA 041+1 ひめゆりの塔
         琉球村           ひめゆりの塔・・涙が出てきます
聞いてはいたがここまで悲惨だったとは・・やはり戦争は絶対やってはいけない・・
最後の晩餐は那覇国際通りの店・・納得がいくまで吟味して(選びすぎて途中ケンカをしながら)沖縄らしからぬ店に・・この選択が良かったらしく結構美味しくて、大満足でした。
サムズセーラーインサムズ2サムズ
    コックさんのパフォーマンスもあってGOOD CHOICE のお店でした
何はともあれ無事?私の沖縄初体験ツアーも終了晴天にも恵まれ海にも溺れず・・・
ア~ア・・又仕事か~と現実の世界が待っている東京へと帰路に着きました。

県立長野西高校野球班、小松先生お便りありがとうございました!

  
 県立長野西高校野球班      
        
小松先生お便り有難う御座いました。
平成25年2月25日、小松先生から低い落ち着いた声で問い合わせを頂きました。
善光寺のすぐ近くです。
     長野西高校は善光寺のすぐ近くです
“マイクロバスリースについて知識が無いのですが少し教えてもらえますか?”体育会系の先生だと直ぐに解った。
お宅のホームページに掲載している〇〇番の29人乗りシビリアン任意保険は付いていますか?車検の時はどうするのですか?等など・・
弊社、今まで全国の学校へお届けしている。質問内容不安材料は大体理解している。それぞれのポイントを説明した。
ご理解頂いたようである。時期が丁度3月に掛かっていた。全国の先生方、異動の時期でもある。それから暫く電話連絡が途絶えた。
“この話は流れたかな?”と思っていたら3月27日“連絡遅れて申し訳ありません。申し込み方法はどうすれば良いですか?”
一気に話が進み始まった。この学校は父兄会が一生懸命応援をしているらしい。
今迄は週末にはレンタカーを借りて遠征練習試合等に利用していたらしい。それも頻繁に・・
試合風景
         試合風景
そのレンタカー代金が毎月十数万円かかる事が多いとの事。“ワーそれじゃ急がなくては”名義は〇〇先生の名前で登録して・・OK
・・しかし〇〇先生は住宅街に住んでいる為、大きなマイクロバスの車庫証明が取れない?
それではバスは学校へ置く旨、警察で事情説明をして見てもらえませんか?・・等などかなり無理な相談をしながらさらに何日か過ぎた。
今の時期、毎週(土)、(日)はお金を払ってレンタカーを借りているとの事。折角ご利用頂くなら早く納めて不要な負担を軽くしなければ?
車庫証明は色々難儀したが5月30日(木)に取れるとの事、翌金曜日には又レンタカー代金が発生する?
それでは小松先生取れた車庫証明を郵送で無くそのまま持参して長野陸運局で待ち合わせましょう?・・
 セーフ! 
当日“長野ナンバー”で登録出来た。週末の5万円を支払うことなく日産シビリアンを利用頂ける事となった。
僕はいつも感じるのですが予算が少ない中(失礼!)生徒たちの為に舞台裏ではこの様に苦労している先生方が数多くいらっしゃるのである。
慣れない登録書類の手続き、地主との契約そして警察との折衝等など・・
最近はマスコミなどではいじめ問題など先生の不祥事ばかりが取り上げられていますが、この様な礼儀正しい熱血先生がまだまだいらっしゃる事を世間は知っているのかな?・・マイクロバスを納めさせて頂いた後丁寧なお礼の電話を頂きました。
県立長野西高校野球班の選手諸君!冬の間は室内でしか練習できずハンディが有りますがそれを克服する練習方法、その知恵と努力は将来、間違いなく皆さんの財産として帰ってくると思います。
練習は室内で工夫して 練習は雪かきから
    練習は室内で工夫して         練習は雪かきから・・
ガンバレ長野西校選手諸君!

                                       水江一正

オートギャラクシーとは
  • バス、マイクロバス、ミニバスのことならおまかせ下さい。海外にもユーザーさまがいるこの道40年の専門店です。
MAP
  • 本社:
    東京都東村山市栄町2-30-2
    京やビル202
  • TEL:042-396-8118
  • FAX:042-396-5828

  • 中古車展示場:
    埼玉県新座市中野2-4-47

  • E-MAIL:info@autogalaxy.co.jp
  • URL:http://www.autogalaxy.co.jp
▲TOPへ戻る